モリンガ種の選別作業

f:id:yachiro:20190204003237j:plain

こんにちは。

昨日まで、モリンガの種の選別という、気の遠くなる作業を一人でやっていました。

10㎏の種を選別するのに、7日間かかった。

・1回で70gの種を選別可能。作業時間は10分/回。
というデータを基に計算すると、約150回の選別作業を、25時間かけて行ったことになる。

こうした非効率な作業をすることで、人は工夫することを覚える。
今度から選別できる人員を増やそう、ザルのような物があったら効率的だ、選別量が増えたら機械の導入も検討しなくては、などなど。
最初から工夫してやれば?と言われるかもしれないが、工夫なしの方法を体験してみると面白い発見も出てきやすいので、個人的には試す価値はあると思っている。

今回選別された10㎏の種は、日本へ向かう。
モザンビーク産の生命力を、存分に見せつけてきてほしい。

今回は以上です。

□写真


素敵なパッケージ。モザンビークでこのレベルの梱包を実現するのは至難の業。
 
モリンガのチカラ モザンビークのタネ 50粒

モリンガのチカラ モザンビークのタネ 50粒

 

 

スポンサーリンク