ぱらぶらワールド

ぱらぶらワールド

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロ人間によるブログです。ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

【前田慶次】これだけ読めば好きになる!?オススメ本3選

こんにちは、ヤチローです。

 

昨日は、日本から調査でモザンビークに来た方と、お食事しました。

こうした機会を積極的に作っていかないと、どんどん考えが固まってしまうので、気をつけてます。

 

さて、今回は、天下一の傾奇者、前田慶次について書いていきます。

はじめに、傾奇者とはなんぞや?という問いに対して、Wikipediaさんの力を借りて返答しておきます。

かぶき者(かぶきもの。傾奇者歌舞伎者とも表記)は、戦国時代末期から江戸時代初期にかけての社会風潮。特に慶長から寛永年間(1596年~1643年)にかけて、江戸や京都などの都市部で流行した。異風を好み、派手な身なりをして、常識を逸脱した行動に走る者たちのこと。茶道や和歌などを好む者を数寄者と呼ぶが、数寄者よりさらに数寄に傾いた者と言う意味である。

出典:Wikipedia

 

傾奇者の生まれた背景として、戦国時代が終わりに進むにつれ、自己表現の場(戦場)が世の中に無くなってきたことが挙げられます。

 

承認欲求は、普遍の欲求

 

俺の名を言ってみろ〜!と言っていた、北斗の拳のジャギ。

彼はケンシロウの格好をして悪さを働きますが、本当はケンシロウに認めてもらいたかっただけ(と、私は信じています)。

 

そんな傾奇者が出現してきた時代に、前田慶次という武士がいました。

彼の生涯については、いろいろなサイトで語られているので、ここでは簡単な前田慶次紹介だけ。

 

1.前田利家の甥

2.仲が悪くなり加賀藩を出奔

3.京都で浪人生活を満喫

4.直江兼続上杉景勝の人柄に惚れ、上杉家へ仕官

5.長谷堂城の戦いで、直江兼続の自刃を思い留まらせ、撤退戦で活躍する

※下記サイトで、簡潔にこの時の戦いが説明されています。

長谷堂城の戦い

6.米沢藩へと転封となった上杉家についていき、米沢で悠々自適に過ごす

 

うん、これだけだと、どこに魅力があるのか全くわかりませんね。

そんなあなたは、是非ともこれから紹介する本を読んでください。

 

それでは、始めます。

 

1. 一夢庵風流記

 

隆慶一郎さんの書いた、前田慶次にまつわる小説です。

慶次好きで、この本を読んでいない人はいないでしょう。

 

次に紹介する、マンガ「花の慶次」は、この本を原作としたマンガです。

有名なエピソードである

加賀藩を出奔する際に、前田利家に氷水たっぷりの水風呂を浴びせた

豊臣秀吉に、「傾奇御免状」を受け取った

・長谷堂の戦いの撤退戦での活躍

といった内容が、痛快に描かれています。

 

大学時代、僕にこの本を紹介してくれた友人が、前田慶次みたいに

・男も惚れる男

・人を惹きつけるよくわからない魅力を持っている

人でした。

 

彼とはそこまで密に接していたわけではありませんが、「いつか会うのが楽しみ」な人でした。

先日、6−7年ぶりに連絡を交わし、今度日本へ帰った際、会う約束をしました。

会ったら前田慶次の話題を振ってみようと思います。ノッてこなかったら悲しいですが。

 

2. 花の慶次 

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)

花の慶次―雲のかなたに (第1巻) (Tokuma comics)

 

 

北斗の拳で有名な、原哲夫さんが作画を担当している漫画です。

原作は、1で紹介した「一夢庵風流記」です。

原作よりさらに、前田慶次という人物を痛快に描いています。

 

〜僕の好きな、「花の慶次」の前田慶次セリフ集〜

 

・「だがそれがいい

 →佐々成政の首を取れるのにとらず、逃がそうとする慶次に佐々成政が「わが首ひとつで一国一城の主なれたものを 慶次・・・意地を通すのは不便なものよな。」と言った際の返答

 

・生きる自由もあれば死ぬ自由もあるさ
ただおれは いくさ人 ここで引けば おれではなくなる

 → 負け戦で逃げようとする武士への、慶次からのセリフ

 

・人は日に米は三合畳は一畳あれば十分 そんなことより一献くれまいか?

 → 太閤秀吉に、「百万石で予に仕えよ」と誘われた時の慶次の返答

 

3. 城をとる話

城をとる話 (光文社文庫)

城をとる話 (光文社文庫)

 

 

この本、もしかしたら番外編で紹介すべきかもしれません。

が、あえてここでオススメします。

この本は、司馬遼太郎さんが書いた本で、小説の主人公のモデルが前田慶次と言われています。

牢人である一人の男が、「城をとってみたい」と思い、実際に城をとってみようとするお話。

 

石原裕次郎さんが司馬遼太郎氏に依頼し、できたのがこの本で、映画「城取り」の原作です。

一夢庵風流記の作者、隆慶一郎氏が自著のあとがきで、「城取りのシナリオを担当した後、前田慶次に興味を持ち、いつかこの男を書きたい、と思うようになった」という内容のことを書いています。

 

司馬遼太郎さんの作品の中では、あまり人気のない本と位置づけられています。

が、僕はこの本が好きで、子どもにこの主人公の名前を授けました。

成長した子どもが、この本を読んでどう感じてくれるか、気になります。

 

番外編:その他、前田慶次関連あれこれ

 

www.fukkan.com

市立米沢図書館出版。

関ヶ原の合戦後、慶次が京都から米沢へ移動する際の道中日記の写し+資料編のセット。

米沢に行かなきゃ買えないと思ってましたが、Webで買えるようです。

今度日本へ帰る時、買います。

  

戦国の「いたずら者」前田慶次郎 (傾奇者叢書)

戦国の「いたずら者」前田慶次郎 (傾奇者叢書)

 

 

いつか、読んでみる・・・かもしれません。読んでないので、特に何も語れません。

 

 

小嶋総本店 東光 花の慶次 純米吟醸 720ml

小嶋総本店 東光 花の慶次 純米吟醸 720ml

 

 

花の慶次、という名の日本酒です。

そうだ、米沢市はもっと前田慶次を全面的に推していくべきだ。

いつか、知人からプレゼントしてもらえるよう、人徳を積んでいきます。

 

おわりに 

いかがでしたか?

前田慶次について、少しでも興味を抱いていただけたなら、とても嬉しいです。

それでは、また。

 

スポンサーリンク