ぱらぶらワールド

ぱらぶらワールド

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロ人間によるブログです。ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

火星で生まれる人類は、僕らと全く違う姿をしている

こんにちは、ヤチロー(@yachiro51)です。

 

今日は朝起きたら停電。

これは、夕方まで続く計画停電かもしれない。

パソコンでの作業は午前中に集中して行い、あとは座禅くんだり、ポルトガル語の勉強をして過ごします。

 

さて、今回は、宇宙のことについて。

全く知識はありません。ただ、昨夜の食事会である方が「重力」の話を突然し始めました。そこから連想して、

 

重力の少ない月や火星で人間が生まれたら、どうなるか

と疑問に思いました。

 

そこで、ちょっと調べてみました。

 

火星移住計画は進んでいる


planet-1404516_640

 

まず、前述の疑問が意味のある問いなのか、つまり、

地球以外の場所で、人間が生まれる可能性はあるのか

について調べてみた。

 

ナショナル・ジオグラフィックの最新号の記事↓

style.nikkei.com

 

これを読む限り、人類の火星移住計画は、着々と進んでいる。

2025年には、有人機による火星着陸を目指している。

そのスピードであれば、50年後には誰かが火星に住んでいる世の中になってるかもしれない。

 

ちなみに、現状、火星への運賃は5,000万円ほどのようだ。

あっちで貨幣は機能するのか、銀行送金は可能なのか。

全財産をはたいて行ってみたら、火星についた途端自己破産、なんてことにならないだろうか。

 

SpaceXという、宇宙輸送を行うアメリカ企業の代表曰く、

火星までの到着時間は、最終的に30日間まで縮めたいそうだ。

 

www.gizmodo.jp

 

プロジェクト予算は、約一兆円。

夢見る大金持ちや国家が投資すれば、確保可能な額だろう。

 

重力について

earth-11009_640

さて、火星への移住計画が意外にも進んでいる現実を踏まえて、

今度は重力について考えていきたい。

 

まず、重力とは何か。

  • 地球上で物体が地面に近寄っていく現象や、それを引き起こすとされる「力」を呼ぶための呼称[1]。人々が日々、物を持った時に感じているいわゆる「重さ」を作り出す原因のこと。

出典:Wikipedia 重力

僕の理解だと、要するに「惑星・恒星が持つ、物体を引っ張る力」が重力なんだろう。

 

その力、月や火星も持っているのだけど、

地球よりだいぶ弱い。

 

地球に対して、

□月→6分の1

□火星→3分の1

が、彼らの持つ重力だ。

 

これだけ弱いと、何か僕らの身体にも影響があるはず。

 

ヒントは、宇宙飛行士から得よう。

 

重力の影響

weightless-60632_640

 

 

gigazine.net

NASAのリーランド・メルビン宇宙飛行士曰く、無重力空間で起こる身体の変化として

 

・背骨が長くなる

・心臓が小さくなる

・骨が脆くなる

・視力の低下

が挙げられる。

 

これは全部、重力が変化することによって生じる身体変化だ。

つまり、月や火星に長期間滞在すると、無重力ほどではないにせよ、上記の身体的変化が起こる、ということだ。

 

火星出身の人類像

重力が地球の3分の1しかない火星で生まれたら、どうなるのか。

 

先ほどの宇宙飛行士の話から推察するに、

肉体への重力不可が少ないため、地球出身の人類より肉体強度が弱くなる。

ことは間違いなさそうだ。

 

火星で一生を過ごすのであれば、その肉体強度でも何ら支障はないだろう。

地球には行ってはいけない。火星の3倍の重力に、肉体は耐えられない。

 

僕の妄想で考えた火星出身の人類像は、下記のとおりだ。

20161030_080206

 

首と肩をどう書けばいいのかわからなかったので、省略した。

補足として、髪の毛はサラサラだ。重力が弱いので、体毛の強度も低い。

 

今回は以上です。

 

スポンサーリンク