ぱらぶらワールド

ぱらぶらワールド

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロ人間によるブログです。ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

途上国で将棋したい人にオススメの、オンライン将棋ゲーム3選

どうもYachiro51です。

僕は普段、アフリカのとある国で暮らしています。

何のためか。そう、ビジネスのためです。

 

もう5年以上、海外に拠点を置いて生活しています。

ここの生活には、そこまで不自由はしていません。

もちろん、日本のようになんでもすぐ手に入ったり、娯楽にあふれているわけではありませんが、生きるのに必要なものは身の回りに用意できます。

工夫すれば、たとえ途上国と呼ばれるような国にいても、楽しく過ごせるものです(人によるとは思いますが)。

さて、そんな僕が今回提供するお話は、

 

『途上国で将棋したい人にオススメの、オンライン将棋ゲーム3選』

 

です。

はい、ずいぶんマニアックな願望ですね。聞きたい人がいるのかわからないぐらいです。

需要があることを信じて進めます。私のオススメオンライン将棋は、次の3つです。

 

1. 将棋ウォーズ

 

%e5%b0%86%e6%a3%8b%e3%82%a6%e3%82%a9%e3%83%bc%e3%82%b9%e3%82%99

将棋ウォーズ

アニメーションが一番おもしろいのは、これ。ゲーム感覚でやるなら、将棋ウォーズが一番楽しいです。

欠点としては、切れ負けルールの場合、こちらがどんなに勝勢でも、時間が切れてしまったら負けることです。

どう考えてもこちらの勝ちなのに、相手が意味のない王手などで時間を削ってくると、すごいイライラします。

また、『棋神』モードというものが存在し、それを使うとコンピューターが5手差してくれます。

この『棋神』、反則的に強いです。これをやられると、状況があっという間にひっくり返ります。

僕も劣勢に立たされた時、つい使ってしまうのですが、自分の力で勝負していない感がありますね。

 

結論として、

将棋ウォーズは面白い、が、純粋な将棋を指すための場ではない

というのが僕の考えです。

備考:他の2サイトと比べ、こちらは無料だと1日3局までしか指せません

 

2. 将棋倶楽部24

%e5%b0%86%e6%a3%8b%e5%80%b6%e6%a5%bd%e9%83%a824

将棋倶楽部24

老舗将棋オンラインゲームといったらこれ。

将棋倶楽部24の魅力は、なんといってもそのレベルの高さ。

僕は将棋倶楽部で4級ですが、将棋ウォーズでは3段です。

アマチュア将棋は、本当の実力を段級位で伝えるのが難しいです。

相対的にしか段級位をつけれないので、町道場やオンライン道場の環境によって、まちまちの段級位が与えられます。

将棋倶楽部24は、その中でも特に厳しい基準を設けているように感じます。

次に紹介するオンライン将棋によると、将棋倶楽部24で2級〜5級の人は、そこだと2段扱いです。

将棋倶楽部で2級までいくのが、当面の僕の目標です。

時間切れ将棋がないので、ちゃんとした将棋の勝負ができるのも、このサイトのいいところです。

シンプルさがウリの将棋倶楽部24、個人的にはイチオシです。

 

3. 81道場

81%e9%81%93%e5%a0%b4

81道場

上記2つのオンラインゲームをやってきた私やちろーですが、調べてみたら他にもオンラインゲームあるんですね。

早速登録してみたのが、81道場です。

81道場の特徴は、外国人とも将棋を指せたり、交流できる点です。

HPも英語版ありますし、英語の説明もバッチリです。

 

この道場の設立者、本当に将棋が好きで、世界に広めていきたいんだろうなーと、サイトを通じてビシバシ感じました。

画面も見やすいし、秒読み音声もあるので、将棋指してる感は一番です。

少し残念なのが、ログインしている人があまりいないこと。

対局可能な人が少なくて、なかなか将棋が指せません。

 

今後の発展に注目です。

 

結論:どのオンライン将棋が途上国でオススメか

はい、テーマに戻って考えてみましょう。

日本であれば、三者三様、各々の好みに任せてやればいいと思います。

が、途上国ではそうはいかないんです。

なぜか。それは、

 

インターネット接続が遅い

 

からです。

遅くてもネット状態がある分にはかまいませんが、悲しいかな、時には接続自体が切れてしまうことがあります。

その際、たとえば将棋ウォーズですと、『接続切れ負け』になります。

そう、どんなに優勢でも、ネット状態によって負けてしまう恐れがあるんです。

たまのたまーに、こちらが接続切れ勝ちになることもありますが、頻度的にはこちらの接続切れ負けが圧倒的に多いです。

 

相手を詰ます段階に入ってからの接続問題は、声出ちゃいます。

 

なーにやってんだよ、タメ!

 

あ、これは違いますね。織田裕二でした。

 

このネット接続状態を考慮すると、途上国でオススメのサイトは

 

将棋倶楽部24

 

です。

作りがシンプルなので、起動時や起動中もパケット負担がさほどかかりません。

落ちることも時々ありますが、その時は『中断』になり、また後で対局していたプレイヤーと途中から指し直せます。

将棋倶楽部以外のサイトは、ビジュアルなどがキレイで好きなのですが、ネット環境の悪い国では重たいので適していません。

 

ということで、途上国では将棋倶楽部24で実力を磨き、日本に帰国した際は、その他2つのオンラインゲームで将棋の世界に浸りましょう。

それでは、また。

スポンサーリンク