やんぶろ 〜モザンビーク起業編〜

Bom dia!やんぶろはアフリカのモザンビークから、時差7時間でお届けします

モザンビーク滞在で気をつけたい3つのこと 〜短期滞在編〜

どうもやんびーです。

モザンビーク滞在歴が10年目に突入し、いつまでいるんだ?と周囲に言われていないかビクビク暮らしています。

というのは冗談で、今回は

モザンビーク滞在で気をつけたい3つのこと 〜短期滞在編〜

について書いていきます!

 □目次

1位: スリ、ひったくり

今まで、一体何人の日本人が被害に遭ってきたんだ?というくらい、多くの日本人がスリやひったくりに遭っています。

被害者の多くは、旅行者や住み始めの人です。日本や他の国の感覚でいると、被害に遭いやすくなります。

僕の住むナンプラ市は、悲しいことに

邦人のスリ・ひったくり被害No1地域

と日本人社会に認定されています別名、修羅の街と言われるこの都市は、生活のコツを知らないと痛い目に遭います。

例えば、ポケットに携帯や財布を入れていると、すぐに狙われます。
ここの名物が、バイク2人組のひったくり野郎です。道ばたで電話していると彼らは音もなく現れ、携帯を奪って逃げていきます。

現地人、外国人問わず被害に遭っているので、僕は道ばたで電話するのを避けています。

2位: 下痢・腹痛

ポルトガルの植民地だったこともあってか、モザンビークで食べる料理は大抵美味しいです。

ただ、やはり避けられないのが下痢・腹痛。
モザンビーク来てすぐにお腹を壊す人、多いです。

予防策としては

ちゃんと火の通ったものを食べること水はミネラルウォーターを飲むこと

でしょうか。

路上で売っているお菓子や料理はつい食べてみたくなりますが、衛生面に不安ありなので要注意です。

長距離を車で移動する時は、極力路上の食べ物は避けましょう。
移動中にお腹が痛くなると、最悪の場合どこかの草むらで用を足すことになります。

3位:夜間の移動

f:id:yachiro:20200114061043j:plain

短期滞在の場合、夜はレストランで食事することが多くなります。

その際に気をつけてほしいのが、夜間の移動手段です。

基本的に、夜間の徒歩移動は避け、タクシーを使ってください。
どこの国でも同じかと思いますが、夜は犯罪が発生しやすい時間帯です。なので、夜行動する際は極力リスクを軽減するために、タクシー移動を徹底してください。

タクシーは、可能であれば信頼できる個人ドライバーや会社を利用しましょう。路上で客待ちしているタクシーの中には、乗せた客を襲う不良タクシーもいるので。

ある日本人(以下、Nさん)は、夜中に首都へ到着し、空港にいたタクシーを利用しました。

すると、ドライバーが走行中に電話をし始め、現地語でなにか言っている。
Nさん「(これってもしかして・・仲間を呼んでる!?)」

怖くなったNさんは、宿に着くちょっと手前で「止めてくれ!」と言い、お金を払って強引に下車。

すると、遠くからドライバーの仲間と思しき奴が、ダダダッ!と走ってNさんの方へ向かってきました。

ぅうううわぁぁぁ!!!

Nさんはスーツケース片手に全力疾走し、なんとか逃げ切れたらしいです。
こんな恐ろしい体験談もあるので、夜間移動は十分気をつけてくださいね! 

終わりに

今回は、短期滞在に的を絞って考えた危険事項をご紹介しました。

長期滞在の記事はこちらから↓

www.palavra-world.com

 
今回は以上です。最後まで読んでいただきありがとうございます!


 


 

↓↓ランキングに参加中です♪クリックいただけると更新の励みになります!

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村