やんぶろ 〜モザンビーク起業編〜

Bom dia!やんぶろはアフリカのモザンビークから、時差7時間でお届けします

モリンガ種の殻が、土壌改良に有効なことが判明

先週土曜日にモリンガ農地へ行ったら、あることに気づきました。

・・・他のエリアよりモリンガの成長が著しい場所がある!

f:id:yachiro:20200113070150j:plain なんでだ?と思い農地スタッフのペドロさんへ確認したところ

モリンガの種の殻を、ここに捨ててるからだと思いますよ〜

とのこと。

なるほど、土を見てみると種の殻がギッシリ捨てられていました。

f:id:yachiro:20200113072255j:plain

・・・土なのか殻なのかわからないぐらい捨ててる(笑)。

僕たちはモリンガの種でオイルを搾油していて、その工程で大量の殻が発生します。それを農地スタッフが、一箇所にまとめて捨てていました。

ちなみにオイルは、日本へ原料を卸しています♪ 商品はこちら↓

freeoursoul.shopselect.net

 

殻を捨てていた場所、びっくりするぐらい土がフカフカになっていたので、思わず動画を撮ってしまいました。

 

フカフカの土の中にはミミズも生活していて、感動!

ミミズのいる土は良い土だと言われています。
ミミズが土の中を掘ってくれると空気が土中に入るようになり、微生物の動きが活発になります。

また、ミミズの糞は土壌の保水力を高める効果もあるんです。

 

モリンガの殻がモリンガを育てるという循環、最高です。
 

今季新しく開墾したモリンガ農地に、殻入りフカフカ土を撒いて土壌改良していきます!

f:id:yachiro:20200113073210j:plain

新しく開墾した農地。葉っぱの収穫用なので植物間の間隔を狭くしています。

ざっと計算したら、1,400本ぐらいのモリンガがありました。ようし、フカフカの土にしてやるぞ〜♪

今回は以上です。いつも読んでいただきありがとうございます!

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村