やんぶろ 〜モザンビーク編〜

Bom dia!やんぶろはアフリカのモザンビークから、時差7時間でお届けします

社会から逃げ続けた友人が、モザンビークへ遊びに来た

 

2年前の記事で紹介した友人Kが、先日モザンビークへ遊びに来てくれました。

 

www.palavra-world.com

 

この記事、面白いことに僕のブログ記事の人気トップ3に入っていて、

『一生逃げ続ける』『社会から逃げたい』といったキーワードでGoogle検索すると、1位か2位に表示されます。

 

・・・誰かの役に立っているのだろうか?

 

とにかく、その友人Kが、2年前に会った時に交わした約束通りモザンビークにやってきました。

 

1. モザンビークでのおもてなし

友達が大していない僕は、友人が訪ねてくることはまずない。

日本から来てくれたのは、Kで2人目だ。

 

数少ない機会ということもあり、モザンビークを最大限楽しんでもらおうと十分に計画を立てた。

 

思い出すのは数年前、日本のツアー会社からモザンビークのガイドを依頼された。

ガイドとなるならバッチリ現地情報を叩き込んでおかないと!そう思ってモザンビーク資料を読み漁った。

 

が、結局、僕がガイドとして日本人観光客を受け入れることは無かった。

 

・・・・モザンビークツアーの参加希望者が、実施最低人数に達しなかったからだ。

 

驚くべきことに、2年連続最低人数に達さなかった。

報酬も一銭ももらえず、ただ現地情報と自分の時間を垂れ流した苦い思い出だ。

 

話を戻す。

 

今こそ自分のガイドスキルを駆使するとき、ということで、気合を入れた。

 

2. モザンビーク滞在 with K

2.1. モリンガ農地

最初に、僕のモリンガ農地にKを連れて行った。

農地では、モリンガ事業関係者に集まってもらい、みんなでKを歓迎した。

 

 

f:id:yachiro:20190210004253j:plain

モリンガの苗や挿し木を植えたエリア。

 

f:id:yachiro:20190210011823j:plain

雨季は、葉の収穫時期。

農地周辺に住む女性に働いてもらっている。

 

f:id:yachiro:20190210004354j:plain

 

パイナップルが食べたい、Kがそう言ったのでパイナップル売りにその場で切ってもらった。天然でここまで甘いのはすごい!とKが絶賛。

 

 2.2. モザンビーク島

f:id:yachiro:20190210004358j:plain

世界遺産のモザンビーク島は、モザンビーク北部観光では外せない。

2泊3日でモザンビーク島に滞在し、Kにはゆったりとした時間を過ごしてもらった。

 

f:id:yachiro:20190210004338j:plain

桟橋。ここで飛び込みしたり、泳いだりすることもできる。

Kはここで泳いでみたが、暑すぎてすぐホテルのプールへ避難したらしい。

 

f:id:yachiro:20190210004341j:plain

ロブスターカレー、ピカーニャ(牛のお尻の先の肉)、セミ海老フライといった現地料理を食べた。

日本で食べたら軽く諭吉が飛んでいくが、ここでは7,000円程度で3人が飲み食いできた。

 

この時は日本人ボランティア(女性)と夕食を共にした。

 

Kは男から見てもモテる奴なので、歓談中

「(この子・・・Kに惹かれてないか?)」

と女性ボランティアの表情をチラチラ観察してしまった。

たぶん大丈夫だった、と思う。

 

3. 朋あり遠方より来る、また楽しからずや

細かいことは抜きにして、遠い日本から友人が訪ねて来たことはハチャメチャに嬉しかった。

 

Kは滞在中、こんなことを言っていた。

「昔、世界放浪してて思ったけど、観光名所を訪ねるだけの旅行は得られるものが浅いんだよ。現地にいる知人を頼って旅行したほうが、その国のことをより深く知れる。」

 

短い滞在期間だったけど、その間にモザンビークのリアルな現状を、僕なりにKへ伝えられたと思っている。

空港での別れ際、Kが満足そうな顔で礼を言ってきたのがその証拠だ。

 

相変わらずKはいい奴で、人生を模索している奴だった(生活は僕の数倍安定している様子だったが・・)。

 

今度の再会はいつになるかわからないが、それまでお互いワクワクしながら毎日を過ごせていけたらいい、と思う。

 

今回は以上です。

 

semiebi.stores.jp

 

セミエビ、震えるほど高い・・

 

↓モザンビーク島の日本語情報はこちらから↓

mocambiquejp.wixsite.com

スポンサーリンク