やんぶろ 〜モザンビーク編〜

Bom dia!やんぶろはアフリカのモザンビークから、時差7時間でお届けします

日本からの贈りもの

こんにちは。妻です。

先日はナンプラの隊員さんを招いて、おうちパーティーを開きました。

現在ナンプラの隊員は男性5人。
女性の方が一人もいないのが寂しいですが、少ない日本人。
こうやって交流を続けてくれることにとても感謝しています。

今回集まった目的は何かというと、
「日本からモザンビークへ贈り物を届けたい」
そんなお話をいただいたことがきっかけでした。

私は昨年日本に帰国後、地元の小中学校でモザンビークや自身の体験について、講演をしてきました。
その中のある中学校さんから先日、“全校生徒からメッセージ付きの贈りものをしたい” というメールが届いたのです!!

そこで隊員さんの協力のもと、モザンビークの子供たちにノートを届ける計画を
進めています。今回はご飯を食べながら、そんなお話をさせてもらいました。

日本の子供たちは初めて聞くモザンビークの話に笑ったり、驚いたり、考えたりと
色んな表情を見せてくれました。一つでも、子供たちの心に響く話ができていたら
嬉しいです。そして、彼らの思いがモザンビークに届く日がとても待ち遠しいです。

今回は以上です。



スポンサーリンク