デモ発生

こんにちは。

昨日から、モザンビークの首都でデモが発生しているようです。

イニャンバネ州ビランクロでは、そのような動きがないため、昨日のブログでは述べませんでした。
が、NHKでも放送されたと聞いたので、安全報告を込めて今回ブログを書きました。

僕は無事そのものです。
今日はノコギリを持った焦点の合ってない人に絡まれましたが、無事でした。

情報源が少ないため、日本にいる方より情報量が少ないかもしれませんが、今回の暴動は『物価の上昇』に対するデモとのこと。

きっかけはなんとメールからで、デモを呼びかける内容のメールが転送して広がり、大規模な暴動となったようです。
噂によると、金曜まで続くようです。

状況はあまり良好でなく、首都ではお店や学校、交通機関が閉鎖されているようです。

強盗や放火などが発生し、首都の隊員自宅付近でも、発砲音や火事があったようです。

モザンビークはアフリカでも3本の指に入るほど治安の良い国と聞いていましたが、それでも今回のような暴動が発生します。

あらためて、日本とは異なる環境だと実感しました。
ここ任地でも、気を緩めちゃダメですね。

ちなみに冒頭に書いたノコギリ男は、かなり危険な香りがしました。
タバコを吸っていたので、
「あぁ、タバコね~。・・じゃあね!」と言って素早く立ち去りました。
立ち止まってたらお金をタカられていた気がします。


今回は以上です。
スポンサーリンク