ぱらぶらワールド

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぱらぶらワールド

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロ人間によるブログです。ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

モザンビークのビール、今では一杯50円

f:id:yachiro:20170217053528j:plain

こんにちは、ヤチロー(yachiro51)です。

 

昨日は自宅で夕ご飯を食べた後、現地のJICAボランティアからお誘いがあり、近場で飲みました。

モザンビークでは現在、現地通貨安が止まらない状況です。

かつては一杯120円ぐらいした生ビールも、今では50円ほどの値段です。

 

外貨を得られる人にとって、生活は楽になっていると思います。

ただ、現地通貨しか得られない人間にとって、この現地通貨安は、大変厳しい。

 

モザンビークは多くのコモディティを、輸入に依存しています。

そのため、自国通貨が弱くなると、すぐ物価が上がります。

政策として、自国産業の育成を掲げていますが、それが実を結ぶのはまだまだ時間がかかるでしょう。

 

今重要なのは、自国通貨の価値をこれ以上下げないように、政治を安定させることです。

 

野党が2014年の大統領選挙以降、ずーっとゴネています。

「中部、北部の地域では、俺らのほうが過半数を得ていたんだから、そのエリアの統治権をよこせ」

と、本気で主張しています。

 

僕の仮説として、最大野党であるRENAMOの党首が既にご高齢のため、

彼の元気な内に一定の権力を握らないとマズイ、と考えた上で、

野党は主張を曲げずにいるのだと思います。

 

自分たちの利権を勝ち取るために、人は死んでもいい。

ゲリラ的な活動をする野党、それを粛清する名目で、必要以上に攻撃をする与党。

 

モザンビークでは、中部・北部を陸路で移動することは、危険です。

武装した野党のゲリラが、走っている車を停めさせ、金品を奪ったり、命を奪う事件が多発しています。

 

僕の雇っている警備員の息子さんは、大型トラック運転手で、

荷物を陸路で運搬しているところを、武装集団に襲撃されました。

トラックは燃え、命からがら山奥まで逃げたと聞きました。

 

モザンビークでは難民を受け入れていますが、

今は逆に自国難民が発生している状況です。

 

外国企業も、この政情不安下では活動もままならないと判断し、

撤退するケースが増えています。

 

人間が国を発展させていくのに、人間が国に集まらない状況です、今は。

 

今後の動向に注視し、生活していきます。

 

今回は以上です。