ぱらぶらワールド

ぱらぶらワールド

青年海外協力隊→開発コンサルタント→有限会社Moringa Mozambique代表取締役。アフリカのモザンビークで起業した、社会人経験ほぼゼロ人間によるブログです。ポルトガル語の学習法や、海外生活、起業、時々読書や将棋のことなどを書いていきます。

新しいモーターポンプに幸あれ

f:id:yachiro:20170617140831j:plain

 

こんにちは、やちろーです。

大してアクセス数のないブログをやっていますが、その中で一躍アクセストップに躍り出たのが下記記事です。

www.palavra-world.com


そうです、先日真っ昼間にモーターポンプが盗まれました。

隣人に話を聞いたところ、この付近で既に5件(僕のを含めて)ポンプの盗難が発生している模様です。

・・・泥棒にカモにされてるんじゃないか?このエリア

『囲いを作って侵入を防ごう案』の承認に向けて隣人が動き始めたので、僕も全面的に支援します。

 

【目次】

 

 

スポンサーリンク

1. モーターポンプの扉を補強

さて、まずは扉を補強しないといけません。また盗まれるのは嫌なので、今度はガチガチに強化します。

 

鉄関係の修理は溶接工の出番。一番早く来れる業者を呼び、修理開始。

 

ポンプ扉の前に、前からやりたかった玄関扉の修繕をやってもらいました。

f:id:yachiro:20170617133047j:plain

古くなったドア錠を新しいのに入れ替え。

f:id:yachiro:20170617133055j:plain

とんでもなく火花散ってます。素手+ただのメガネで仕事してます。熱くないのか。

 

終わったところで、いよいよポンプ扉の修繕。

f:id:yachiro:20170617133113j:plain

か、完成!

f:id:yachiro:20170617133225j:plain

扉横のセメントのひび割れが気になる・・今度自分で補強しておきます。

溶接工の手間賃は、計500メティカイス。約900円でした。仕事も丁寧で速かったので、文句なし。

2. モーターポンプの購入、設置

溶接工が作業している間、モーターポンプを購入しておきました。

昔と比べだいぶ値上がりしており、ポンプ代で8,000メティカイス(約15,000円)かかりました。

 

さていよいよ、水道業者を呼んでポンプの設置開始です!

f:id:yachiro:20170617133141j:plain

この水道業者、昔から使っているのですがポンプ設置は苦手の様子。

他の業者がつかまらなかったので、妥協して彼らに依頼。案の定あーだこーだ言いながら悪戦苦闘していましたが、なんとか無事設置完了。

 

水道業者への手間賃は、水道管などの資材代も含めて1,500メティカイス(約2,700円)。1日で全作業が終わってホッとしました。 

3. 蛇口が水が出る嬉しさ

ということで、無事ポンプも購入・設置し終えました。蛇口から水の出る生活の再スタートです。

ようし、溜まった洗濯物を片付けよう!そう勇んでバケツに水を貯めてみると、異変が。

 

水が茶色だ。

 

あれ?水道管のサビとかの影響か?そう思ってとりあえず水を流し続けてみると、今度は

 

水が白色に。

 

透明じゃないってことです。温泉のにごり湯みたいな白さの水が出てきます。

茶色よりマシか。そう考え、洗濯は白い水で行うことにしました。数日経てば、透明の水に変化してくれることでしょう。確信はありませんが。

 

こんな感じで、蛇口から水生活が再スタートしました。めでたい!

今回は以上です。

 

スポンサーリンク