ぱらぶらワールド

留置場入り、回避

f:id:yachiro:20190210030925j:plain

 

現地スタッフのアブドゥル、車両運転中に白バイ警官の機嫌を損ね、危うく留置場入りでした。

 

アブドゥルは、僕を含む日本人に対しては紳士だが、現地人に対しては態度が雑になる傾向がある。

 

「ここモザンビークで、攻撃的に接して得することなんてないから、気をつけた方がいいよ。」

 

4月上旬に、彼へそう伝えたことがある。

珍しく真面目に言ったつもりだったが、響いていなかったのだろう。問題は起きた。

 

断っておくが、彼に交通違反といった明確な否があったわけではない。

白バイ警官からの質問に対する対応・態度が、なんとなく警官の気に障った。

そこから話がもつれ、もーつれぇ(もうツラい)状況になってしまった。

 

白バイ警官が応援を呼び、(僕の)車を警察へ運ぶ宣言をした。

アブドゥルは運転席から降り、鍵を渡すよう命じられた。

 

アブドゥルは納得がいかない様子で、それを拒み、険悪な雰囲気に。

 

ここで必要なのは、ガンジーの「非暴力不服従」精神、ではない。

「非暴力服従」が正解だ。

僕「あーうちのスタッフがご無礼を働き申し訳ございません!行きましょう警察へ行きましょう。ほらアブドゥル、早く鍵を渡して。さぁ行きましょう。」

 

警察へ行った後も同様の態度で応じ、相手の言い分にひたすら同意した。

そして次第に警官の怒りも冷め、アブドゥル留置場入り・車両没収という最悪の事態は回避。

 

罰金3,000mt(約1万円)で事態は収束した。

 

問題解決後、彼に以前伝えたこと(攻撃的態度は得しないということ)をもう一度説明した。

ようやく彼は、腑に落ちた様子になった。

 

「それでは、次からはあの白バイ警官に会わないよう、避けて運転します!」

あぁ、僕の言語能力では、彼を教育することはできないのだろうか。

そんな嘆きとともに、罰金の立替で預金を削られた日でした。

 

今回は以上です。

スポンサーリンク